アナログ時代の家電とオーディオ

子供の頃はステレオと呼ばれる大きなスピーカーとセンターにあるプレーヤーとラジオのセットを思い出します。家電といえば今でも量販店に見に行きますとワクワクとしてきます。オーディオは特に大好きで、副収入があれば家電屋さんに行ったり、知り合いの電気屋さんに頼んでスピーカーを買ったり、高価なアンプを奮発して買ったりしていたのを覚えています。

オーディオも時代とともに変わり、レコードプレーヤーからCDプレーヤーに変わり、大きなオープンリール式のテープやカセットデッキからMDなどの光りディスクに変わってしまいました。カセットデッキはメタル対応のものが主流で音質の綺麗な再生ができました。アパート住まいの自分の家で大きな音量では音楽は聞けませんでしたが、スピーカーから流れるジャズやフィュージョンはとても心を落ち着かせてくれました。

時代はもっと変わり、現在はカセットテープ自体もあまり見なくなったようです。MDもほとんど見なくなりました。今はUSBメモリなどにデジタル形式で音楽を入れてそのまま再生するというようになってしまいました。便利で良い音楽を聞けるのでしょうが、何故か物足りないような気もしてきます。街中はスマートフォンか音楽プレイヤーかはわかりませんが、耳にイヤホンをつけて歩いている学生や社会人が沢山います。音楽を聞くことはとても良いことだと思いますが、手軽に良い音を聞けるようになった今では、昔、私たちが聞いていたアナログの音楽はどのように感じてくれるのか聞いて欲しいと思いました。

おすすめ情報

Copyright (C)2017家電ナビ お風呂で使えるオーディオ機器がいい.All rights reserved.